ホーム
マイアカウント
お問い合わせ
吉良の赤馬
[定形外OK]

愛知県西尾市に古くから伝わる「吉良の赤馬」。
三百年以上も続く郷土玩具です。

むかしむかし元禄の時代、
忠臣蔵で有名な吉良上野介氏は 三河吉良の荘を治めており、
赤馬に乗って領内の治水事業を巡視しておりました。
この姿を 領民が木彫りのおもちゃにして、
子どもたちに分け与えたのが始まりだそう。
今は木彫りではなく、練物(のりとおがくずを練ったもの)に変わっています。
約二ヶ月間、日陰干と日干しを繰り返し、最後は色を塗って完成させます。

二頭並んだ姿が、なんとも愛らしい。。
ひとつひとつ手作りなので、耳の長さや表情も違って味わい深いです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【アンティーク品、古道具のお品について】

当店で扱うお品物は、長い時間を経たアンティーク品や古道具です。
日本を中心に、あちこちから集めた古くて味わい深いものたちを
ご紹介しています。

アンティークや古道具は、
ひとつひとつ表情の違う一点ものになります。

経年の変化により、傷や錆び、ヤケ等があるものもございますが、
これらは商品の持つ魅力のひとつとしてご理解の上、
ご注文をお願い申し上げます。

販売価格

0円(内税)

SOLD OUT