ホーム
マイアカウント
お問い合わせ
鯛車(小)
鹿児島神宮の授与品「鯛車」。
ユーモラスな表情と、南国らしい鮮やかな色が魅力です。
こちらは、三代目の宮路武二さんによるもの。
他にも、化粧箱・羽子板・笛太鼓など、
「鹿児島神宮の諸玩具」と言われる木の玩具は
全て宮路さんが製作されていました。

鯛車は鹿児島神宮のご神体「海幸彦・山幸彦」の伝説に由来したものだそうです。
山幸彦は、兄の海幸彦から借りた釣り針をなくして
竜宮城へ探しにきた所、針を飲み込んだ鯛を見つけ、針を取ってやりました。
この鯛が「鯛車」のモデルだそうで、頭を下げているように見えるのは
山幸彦にお礼を言っているところだそう。
赤い色の玩具は、子どもの病気除けのお守りでもあったそうです。

こちらの小さい鯛車は、年代が古いもので、
古味があり、赤色の褪せ具合も良いです。
味のある鯛車です。
W9cm×H4.5cm(最大部)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【アンティーク品、古道具のお品について】

当店で扱うお品物は、長い時間を経たアンティーク品や古道具です。
日本を中心に、あちこちから集めた古くて味わい深いものたちを
ご紹介しています。

アンティークや古道具は、
ひとつひとつ表情の違う一点ものになります。

経年の変化により、傷や錆び、ヤケ等があるものもございますが、
これらは商品の持つ魅力のひとつとしてご理解の上、
ご注文をお願い申し上げます
販売価格

0円(内税)

SOLD OUT